里山再生活動

越沢秋祭り~山野草植栽イベント[コメリ緑資金]

コメリ緑資金の会様よりの助成で城山花登山道造りがはじまった。

2012年10月20日(土)

秋晴れのさわやかな土曜日、11月4日(日)の山野草植栽のイベントの最終打合せのため齋藤総代宅へうかがった。参加者の人数の把握やイベントで出される食事の事などを齋藤総代がバッチリ準備を整えてくれているのを確認、安心しました。

その日は越沢地区の秋祭りで快晴の中、地域の人達が獅子舞や民謡流しを楽しんでいました。

バッチリ仮装の民謡流し

民謡流し-2

若いおかあさん達と多くの子供たちがみられ、これからの越沢地域の発展に期待できるように感じられました。

若いおかぁさん達

地域のおばちゃん

※地域の神様に1,000円の賽銭を上げてきました。

11月2日(金)

杉山・富部の二人で西山町まで山野草の苗を取りに行ってきた。また黒埼のコメリ店に越沢集落内に植える水仙の球根700ヶを受取りに行き苗の準備は完了した。

11月3日(土)

AM6:30杉山宅に市川・富部・杉山が集合し越沢に山野草の苗を運んだ正午過ぎ小林義・原・鈴木の3名が到着、越沢の総代さんも参加してイベントの準備をした。特に元気の良い原氏・鈴木氏には城山の頂上付近迄、二往復して苗を運び上げをお願いし頑張ってもい、その後地域の花壇作りの準備にも参加して貰った。

準備は大変 

前日荷揚げ

準備作業の面々 

これで4日の準備は整った。越沢公民館で一杯やり眠りについた。

11月4日(日)

チョット曇りのイベント日和
コメリ緑資金の会様よりの助成金で購入した山野草の苗は植えられるのを今か今かと待っている。

AM6;00ごろ起床、齋藤総代の奥様からのいなり寿司と小林貞氏の白米で朝食を美味しく頂き体調を整えて集合時間をまった。

AM8:00集落より30名、フォーラム関係から15名合計50名近くの人が集まり、齋藤幹雄総代の挨拶、伊比氏から山野草の植え方と注意などなどでイベント(コメリ緑の基金様から助成された、城山花の登山道作り)が始まった。

やるき満々の地域の人達 

花一杯おばちゃん隊 

総代さんの挨拶

御婦人、お年寄り、子供達は村内の道路脇に水仙やチューリップの球根、鎮守の森には山野草を植えた。

元気の良い人達はそれぞれの苗を持ち、城山(348メートル)の急な登山道向かった。

準備完了

荷揚げ

ピース

皆で植えましょう水仙を 

鎮守の森も花一杯に 

春が楽しみ 

春が楽しみ

春が楽しみ

大事に 

若い力 

若い力-2 

頑張ってるぜ最高齢

城山登山道から見る日本海

丈夫に育つよう願いを込め、丁寧にやさしく3時間以上かけて頂上まで植え登り(頂上付近は昔のお城があった事を示す空堀跡がかすかではあるが残っていた。)頂上で一休み記念撮影で作業を終了した。

頂上での記念撮影

作業終了下山、越沢公民館で葡萄川で取れた鮭を使った鮭汁と総代さんが丹誠込めたて作った新米のおにぎり、などをメインにビールで乾杯、参加者全員での慰労会を開き楽しく時間がすぎていった。

食事を用意してくれたご夫人

植栽後の懇親会 

親睦会-2

コメリ様から助成された「城山花登山道計画」事業は大成功でした。齋藤総代さんをはじめとする越沢集落皆さんやフーラムの関係者の皆さんご苦労様でした。これからもよろしくお願いいたします。

くま親爺

2012年 ヒコ谷整備と草刈

8月11日(土)
いつもよりも早い時間涼しい内に作業し昼までに作業を終わらせるとの計画で朝、6時より作業開始した。参加者は5名高齢化が進み年々参加者が少なくなる、いつもの年は6月末であったが今年は都合がつかず11日になった。

作業前
1カ月半の遅れは作業に影響した、茅などの雑草は大きく硬く伸びいつもの年より刈取り範囲は少なくなりそして雑になったようだ。

午前5時30分ヒコ谷集合、簡単な打合せ(熱中症対策くむとして水分の補給と1時間毎の休憩を決め)と着替えをしてすぐ作業開始した。
今日は人数少ないヨ

準備はOK
参加者は5名、杉山・清田・小林貞・小林義・富部である。茅は背が高く、茎は硬くいつもよりも作業が遅れぎみだ、いつもよりメジロアブが少なかったので助かった。昼頃どうにかカッコウが着いたので作業を終えた。

作業後

作業後2
年間予定通り6月末日がベストであると思う。

2011年 城山登山道植花

2011年11月6日(日)
村上市越沢・城山登山道にて雪割り草300鉢を植花しました。
予定として渓流再生フォーラムと越沢の皆さんが一緒に城山登山道に四季折々の山野草を植え、城山花登山道を作り上げようとの計画でしたが、予算が取れず今年は雪割草300鉢を植えました。昨年に植えた300鉢と合わせて600鉢が城山登山道に植わっており2012年の春を楽しみにしています。

朝9時、当会より5名が越沢に集合、前日、柏崎より調達した雪割り草の苗300鉢を小分けにしアニャサ松付近まで運び上げその付近に植えました。昨年植えた雪割り草は環境が合うのか大部分が緑濃く丈夫に育っていました。5名と越沢地域の役員の方の応援もあって午前中に作業は完了し集会所をお借りして昼食後、ヒコ谷の植林地を視察し解散しました。
雪割草300株
運搬準備
願いを込めて
雪割草を植える泰さん
登山道の看板
登山道脇のなめこ

来年はコメリ緑の基金より資金が補助になるので越沢地域や城山登山道に沢山の山野草を植えるイベントを開く事が出来ると思います。
ご覧の皆様も2012年3月中旬から4月初めに城山に登って花を鑑賞して下さい、また山野草を植えるイベントの計画が決定しましたらこのホームページに掲載し案内致しますので是非参加して城山花登山道作りに参加して下さい。

城山より見る日本海

くま親爺

2011年 ひこ谷の整備と草刈

2011.6月25日(土)
渓流を再生する条件の一つに植林があります。一番はナラやブナ等の落葉樹です、渓流フォーラムでは村上しの葡萄川沿いのヒコ谷の荒れ地をお借りして、ナラやブナを植林し落葉樹の森を作ろうと作業しています。



天気はまあまあの薄曇り、しかし暑い。毎年2回の整備と草刈をしているのでヨシやススキの勢いは弱まり今年から草刈は年一回にした。とは言っても暑い中での草刈はきつい、平沢さんの桜を起こし添え木を強化しヒコ谷の谷側から一斉に作業をはじめた。昨年の雪でナラの木が裂けていて可愛そうだ、もっと大きく育つまで冬囲いが必要なのか?
作業は順調に進みますが人数が足りない、暑い中、昼の豚汁を食べてもうグッタリでも、まだ作業は残っています。今日は午後3時までの作業だ。
渓流フォーラムでは植林や草刈作業をお手伝いしてくれる人を募集しています。

                           くま親爺

2010年夏 ヒコ谷草刈り

6月26日(土)午前9時より午後3時まで
村上市寒川沿いのヒコ谷植林地で恒例の下草刈りを行いました。
前年までは春と秋の2回の作業でしたが、人出不足もあり年1回にしましたが状況を見ながら必要となれば秋にもう一度草刈作業(古い橋の整備も含む)を行いたいと思っています。

ヒコ谷 2010年夏きれいになった植林地
きれいになった植林地

今回は暑い中参加者の皆さん本当にご苦労様でした。
汗ダクの作業でしたが事故も無く無事終了しまた。
気持ちの良い汗と心地よい疲れで、明日えの活力が湧いてきた充実した一日でした。

元気ハツラツのメンバー

今回のとん汁(ぶた汁)は北海道風です。
北海道ではカレーもシチューもぶた汁も具材はおなじです。
(じゃがいも・タマネギ・人参が基本 昭和30年代)
最近は糸こんにゃく・焼き豆腐・ごぼうなどが入ります。
シェフ登場
シェフ登場

よけいな一言…
体を鍛えましょう、腹筋・背筋・腕立て・ストレッチ・ジョギング・などなど妻や子に迷惑をかけない丈夫で長持ち、草刈なんて朝飯前の体力をつくりましょう。
体力低下が目立ちます。(富部)

清き流れ
清き流れ

“真夏思わせる暑さと、草丈が結構伸びてメンバーを苦しめましたが、何とか予定時間内に終了しました。参加された方は本当にお疲れさまでした。昼はトン汁と自慢のおかずを出し合い美味しく頂いたりして楽しく有意義な1日でした。
木々は順調にそだっており、何本かは、草刈り機の餌食になり、尊い命を落としました。草刈りは例年2回行いますが、今年は1回しか予定してませんが、状況を見て判断したいと思います。
本当に、暑くて、気だるくかったですが、木陰で一息いれ、渓流の水音を聞き、川風が吹き抜けると何か、ここにいて良かったと言う思いが感じられ、自然はいいな、と感じた1日でした。”

事務局田島