スキルアップ講習会

いまある知識をスキルアップし渓流フォーラムの財産とし自然保護への運動に活用しよう。
私達、NPO渓流フォーラムでは子供達や地域の人達と鮭の稚魚放流、親子渓流教室、河川の清掃、里山再生などイロイロな自然保護活動や自然への啓蒙活動を実践してきました。
しかし、NPO渓流フォーラムも他のNPOと同じく会員の老齢化が目立つようになってきました。力(体力)でバリバリ押して行く活動は先が見えてきて永くはつづきません。これから私達の活動は、子供達や若人たちに自然の大切さ、今、次世代に残さなければならない自然などを伝えていく啓蒙活動が大事と考えています。また、若い会員さん達には新潟県の里山や渓流域の現状、動植物の生きる姿、山遊び・川遊び等を学び、伝える技術を習得してもらい小学生・中学生を中心に若い人達に伝えて行く事が大事な活動と考えていましす。会の活動もその方向に向かって進んでいます。身近な動植物、渓流域の動物や植物それらを支える自然環境などなど、私達の経験や知識をもっとスキルアップしなければなりません。いろいろな学習講座があり参加しましたがその一部の学習風景写真を掲載します。身近な里山の植物・新潟県に住む動物・知って損をしない地学などなどなかなか楽しく、覚えられない講座でした。

イベントの進め方JPG
松之山美人林での自然観察会
つるリンドウ
紫しきぶ
カモシカの頭蓋骨

今年、渓流再生フォーラムでは講師を招き植物・動物、山遊び・川遊びなどの講座を開き会員の人間力アップを2012年の目標の1つにします。

富部

水害とボランティア

2011年7月29日新潟福島豪雨が発生
今年は災害の多い年ですネ。地震、津波、原発事故、水害、台風と大きな災害と事故、被災された方にはお見舞いを不幸にして亡くなられた方にはご冥福をお祈りいたします。

新潟福島豪雨の時は新潟市の会社で徹夜の仕事を片付けていました。
今日の雨はすごなぁ〜、朝、信濃川が異常に増水し大量の瓦礫が流れてきます。
ラジオのスイッチを入れ二度ビックリ私の大好きな下田郷が大変な事に、五十嵐川・守門川が氾濫し道路も田圃もズタズタに、相当な被害がでているそうで、仲間や世話になっている人達の顔が浮んできます。その日の午後、知り合いの人達の無事が確認され一安心でした。午後、下田地域に行って様子を見て来ました、もう自衛隊の車輛が入っており寸断された道路の復旧の作業にかかっていました。
翌週の6日(土)と7日(日)は下田牛野尾地区のKさんからの要請で床下浸水した家の泥排出のボランティアに行ってきました。水の力はすごいです、普段はほとんど水のない沢が溢れ頑丈そうに作られた人口物が破壊されてしまう、自然の力、大きさに脱帽です。

水が引き始めた五十嵐川
道路を切断した土砂
嵐渓荘の流された吊り橋
流された住宅
床下は泥の海
自然クラブと一緒にボランティア

前回の三条水害の教訓が生きていたのか、亡くなられた方がなく幸いでした。

くま親爺