10月2012

2012年 環境フェア

9月30日(日)

台風17号の列島縦断が心配されるなか、2012年環境フェアが開催されました。

オープニングは若林副市長の挨拶。
万代太鼓、Negiccoライブ等々予想に反しての好天と、
NSTのイベントの影響もあって例年より盛況の様子でした。

副市長のご挨拶

Negicco

当ブースの展示は渓魚の水槽、里川の魚の水槽、ザリガニ、パネルと写真展示。
渓魚たち
めずらしい、綺麗と評判だった渓魚たち、しかし一番多かった声は“美味しそう”かな?

里川の魚
豊富な魚種で注目度の高かった里川の魚、飼育したいので欲しいという希望が多く午後から少しずつ配布。

副市長も来場
若林副市長にもご来場いただきました。

解説中

老若男女

ザリガニ
やはり子供たちに人気のザリガニ。こちらも配布。

年配
最近見ないよねと懐かしがる年配の方々も。

午後4時、盛況のうちに閉幕となりました。
今回の展示で残念だったのはブースのレイアウト、水槽に注目が集まりブース内まで足を運ぶ方が少なかったこと。
しかし、来場いただいた皆様にはより自然を身近に感じていただき、珍しさ、懐かしさ等々、それぞれの自然に対する思いを感じていただけたことと思います。

PS…

フェア当日ご好意で展示用にメダカを寄付していただいた佐藤様
ご協力大変ありがとうございました。

今回のフェアに展示した里川の魚とザリガニは23日に福島潟周辺の河川で捕獲。
フナ、タナゴ、ナマズ、雷魚、ヤツメウナギ、ヨシノボリ、ギギ、ヤゴ(コヤマトンボ?)等々、型は小さいけれど豊富な魚種が穫れました。
魚採取1
魚採取2
小雨降るなか大変な作業でしたが、
メンバーはわんぱくなガサガサ探検隊のように童心に返って楽しみました。
参加された皆様おつかれさまでした。