鳥屋野潟公園外来生物駆除大会

7月28日(日)

鳥屋野潟公園のため池の水を抜き外来魚の駆除・観察を生物多様性保全ネットワーク新潟の主催で多くの自然団体が集り行われた。

挨拶ではじまり

当日は天気は良く絶好のイベント日和、ぞくぞくと思い思いのスタイルで参加者が集まってくる。総数百数十名の大イベントだ、イベントを成功させるための準備や根回しなど我々には難しいイベントだ。

盛り上がる参加者達

イベントに大切なのは特に準備と後かたずけだ、当日参加の我々(杉山・市川・富部・今井)は楽な仕事だった、準備をされた方々には頭が下がります。 水を抜かれたため池に集って来た子供達は初めはオッカナビックリで服の汚れを気にしていたが、なれてくると子供らしく鯉・亀・バスに集中し追いかけ回して歓声をあげていた。私達も遠い昔はあぁだった、と懐かしむと同時に自然保護活動の大切さを改めて感じた。

汚れをきにする

おっかなビックリ

捕獲されたブラックバス

大きいライギョ

大きく成長したミドリ亀

在来種のいし亀・くさ亀

私達楽渓会も自然の中で釣りをたのしみ山菜など自然の恵みを受取っているのですから、たまぁには自然保護の活動に参加してみてはどうですかネ。?
昼食のブラックバスのフライの提供など好評のうちに四時頃イベントは終了しました。
参加者のみなさんは外来種の危険さ、自然の大切さなど感じてくれたでしょうか?
少しでも感じてこれからの生活に生かして貰えればイベントは大成功。

じゃばジャバ応援隊「夏休み!こどもサマーキャンプ」

じゃばジャバ探検隊が無事終わり一息ついたが今日、7月27日(土)はジュニアリーダーズクラブ三条の依頼で「夏休み!こどもサマーキャンプ」で三条市を流れる駒出川での川遊びを担当する事になった。じゃば探検・森町小の渓流釣り体験などの実績が認められ世間に周知されてきたようだ。釣り道具一式・生物捕獲用の網・渓流靴・ライフジャケット・観察箱などのもフル活動し新潟労働金庫からの補助金で購入した用具は我々の活動にすごく役立っている。

 

AM9:30に集合、川遊びの注意事項と川の生物や駒出川の自然を説明しAM10:00に子供達50人と川に入った。川の水量・気温など最高の川遊び日和だ。人の手が入つて護岸されているので安全性は高くスタッフは安心して子供達を見守りつつ川遊びも楽しんだ。

いざ、出発

子供達は川虫や魚とりに夢中!カゲロウ・カワゲラなどの幼虫、ちび岩魚、ウグイ、アカザなどが捕獲され観察した。また、堰堤では川登り、飛び込みなどで楽しんでいた。

ガサガサ川歩きの始まり

それ行けドンドン

チョーおもしろい

元気と元気

魚は入ってるかな?

(続きを読む…)