2013年 秋の釣行会

2013年秋の釣行会は山形県最上地方の川と宿の場所を示す案内がきた。
今回は皆さん忙しいらしく6名の参加者となった。
平さん佐さん、清さん、田さんの4人は2台の車で同一行動し田さんの車は佐さんの後についた。
道の駅「しゃりん館」で待ち合わせ、山形県の海岸(国道7号線沿い)に流れ込むのいつもの川、その後、○○川(?)とかいうところで形の良いヤマメを3、4匹釣ったようだ。しっかりと確認はしなかったが、清さん、田さんは小形ながら片手以下の成果があったようだ。

疲れたび〜

小貞さんもいつもどおりの○○川、○○○川で十数匹確保し、翌日は最上地方の川を予定して宿へ。
さて、市川は、案内に入っていた地図と「東北の渓流、鮎ガイドマップ」の本から、地図に印の入っていた戸沢村でやろうと決めていた。午前0時に家を出て、柿崎から朝日、あつみから庄内空港と高速を飛ばして行ったら4時に角川(つのかわ)の支流○○川入口に着き、明るくなるのを待った。
8月下旬からの雨で、稲が倒れたり、田圃が乾かず、農家は大変だが、釣りにとっては水量はやや多め、薄にごり、曇り空で、涼しく、グッドコンデション。
○○川に降りてみると蟹カゴが仕掛けられていた。「そうだ!もくず蟹漁の季節だ。家に帰ったらやろう。」
5時半から8時迄で、ヤマメ 2、イワナ1。 このチビイワナちゃん、ミミズに食いつき、水面から30センチ位あがったところで、チャポン!。それが2、3回あっても、また食いついてくる。「そんなに釣られたいなら。。。。」と合わせビクの中へ。パンとバナナを咥えながら、次の支流、○の川沢に向かう。入口には「熊出没注意」の旗が立っていた。

秋真っ盛り

集落を過ぎた所に取水堰堤があったので竿を出してみたら型の良いヤマメがきた。次の堰堤から入渓。この川では7、8センチのチビヤマメによる餌取りが多かったが、良型のヤマメを10程確保出来楽しかった。

大物やまめ?

まぁまぁの釣果

○○川と最上川の合流地に戻り、湯を沸かしカップそばとパンを頬張ていると、最上川舟下りが見えた。その後、鮭川村に向かい、濁沢川に行ったが田圃の中の川で、ようやく架かってもウグイで「やーめた!」 腹を割いて、魚卵は塩漬けにして、宿へ向かう。宴前に、焼いてもらったヤマメで、成果を楽しむ。

山女の唐揚げ

唐揚げで一杯

夕飯メニュー

全員揃って乾杯

宴会ではそれぞれの近況、薬などのが話題になり、9時頃には、夢の世界へ。
宿につく前から雨が降り始めて、翌朝、目が覚めた頃にも雨で、最上地方などでは、大雨注意、警報が出ていた。

朝飯のひととき

私を抜いた、5人は新庄、長井方面の川をチェックする計画のようだったが、真っ直ぐ還る私と同じ方面に車が過ぎて行った。

市川