2013年春 鮭の放流

2013年3月17日快晴 鮭の稚魚の放流日

我がフォーラムが30,000匹、葡萄部会が30,000匹、計60,000匹の鮭の稚魚放流日が決まったと大川漁協より連絡があり我々6人は集合時間AM9:00に間に合うよに村上市越沢の放流場所に向かった。国道7号線で向かったが、雪は深くまだ冬の様相だ。国道7号線から左折し葡萄川沿いに走ってすぐに関東ナンバーの釣り人らしき車が1台、ヒコ谷を過ぎ道路が広くなった場所に山形ナンバーの車と釣り人が1人、目が合ったので話しかけてみた。「どうですか?」「今年はダメですネ、解禁は10年間この川です。尺山女も上がる事があるんだけど、今年はどうしちゃたのかなぁ」場所を移動しますとヒコ谷付近に向かった様子。越沢の放流場所で待っていると漁協の運搬車が稚魚を載せて到着した。

大川漁協葡萄部会長の挨拶-

全員揃ったところで大川漁協葡萄部会長の挨拶、

放流を待つ

まずはバケツに稚魚を移し稚魚の生育を確認,何杯か手で放流。

放流される稚魚 

丈夫に育ってネ 

その後ホースで60,000匹を機械的に放流した。本来なら、子供たちと一緒にイベント的に放流し子供達や地域の人達に自分達の川に関心を持ってもらい、魚道設置や自然保護につなげて行くのが我々渓流フォーラムの役割なのだが、力不足が目につく。

元気に戻って来いよ

 

放流後、釣り道具を用意して来ているので、適当な場所に向かい釣りをした。釣果は解らないが、それぞれ渓流釣りを楽しんだようだ。気温は低かったが太陽がいっぱいでキラキラ輝く水の流れは最高のストレス解消法だ。

くま親爺