鳥屋野潟公園外来生物駆除大会

7月28日(日)

鳥屋野潟公園のため池の水を抜き外来魚の駆除・観察を生物多様性保全ネットワーク新潟の主催で多くの自然団体が集り行われた。

挨拶ではじまり

当日は天気は良く絶好のイベント日和、ぞくぞくと思い思いのスタイルで参加者が集まってくる。総数百数十名の大イベントだ、イベントを成功させるための準備や根回しなど我々には難しいイベントだ。

盛り上がる参加者達

イベントに大切なのは特に準備と後かたずけだ、当日参加の我々(杉山・市川・富部・今井)は楽な仕事だった、準備をされた方々には頭が下がります。 水を抜かれたため池に集って来た子供達は初めはオッカナビックリで服の汚れを気にしていたが、なれてくると子供らしく鯉・亀・バスに集中し追いかけ回して歓声をあげていた。私達も遠い昔はあぁだった、と懐かしむと同時に自然保護活動の大切さを改めて感じた。

汚れをきにする

おっかなビックリ

捕獲されたブラックバス

大きいライギョ

大きく成長したミドリ亀

在来種のいし亀・くさ亀

私達楽渓会も自然の中で釣りをたのしみ山菜など自然の恵みを受取っているのですから、たまぁには自然保護の活動に参加してみてはどうですかネ。?
昼食のブラックバスのフライの提供など好評のうちに四時頃イベントは終了しました。
参加者のみなさんは外来種の危険さ、自然の大切さなど感じてくれたでしょうか?
少しでも感じてこれからの生活に生かして貰えればイベントは大成功。