2013新潟市環境フェア

2013新潟市環境フェアが開催され今年度も渓流フォーラムは出店しました。
10月6日(日)快晴の中2013年度の環境フェアが新潟市万代シテイ通で開催されました。篠田新潟市長の挨拶で午前10時に始まりました。エココンテストの表彰、万代太鼓、ネギッ子に変わるアイドルRYUTist等が次々と舞台に上がりイベントを盛り上げています。

表彰-1

万代太鼓

四人ぐみアイドル

今年は生物多様性新潟の皆さんと渓流再生フォーラムの二団体が共同し2ブースを使い、新潟市付近の淡水魚を展示しました。

好評の淡水魚展示

パネル-1

いわなorやまめ

ザリガニに人だかり

我がフォーラムは岩魚・ヤマメの他に前日5日(土)に捕獲したカジカまた、福島潟に流れ込む折居川などで捕獲したギンブナ・アブラハヤ・ウグイ・モロコ・ニゴイ・ツチフキ・タナゴ・カネヒラ・ヤゴ・タニシなどと、そしてお持ち帰り用のアメリカザリガニを展示しました。

バスの剥製

生物多様性新潟はいろいろな新潟市付近の淡水魚、鯉やフナ・ブラックバスの剥製・巨大化したミドリ亀・モクズ蟹など2ブース合わるとミニ水族館です。天気が良いので沢山の人が集りイベントは大成功のようです。用意したアメリカザリガニも無くなり、タナゴやカネヒラなどの小型の魚も貰われて行きました。

今回は共同出店なので規模も大きくお客様の目を引きつけ沢山の人が立ち寄ってくれました。少しでも新潟市付近の自然と環境を理解して貰えたでしょうか?

折居川での捕獲作業
前日の捕獲作業