2011年 越沢ゴミ清掃

4月17日(日)朝8時30分より村上市越沢部落においてゴミ清掃を行って来た。
当会参加者は5名、総勢55名くらいで1時間30分くらいの作業を行った。

当日は天気に恵まれましたが、葡萄地区境界付近はまだ路肩に雪が有り、例年にくらべて雪は多かっが、ゴミは少なかったように見受けらた。

地元の人達は積極的に作業に参加し、私達もそれぞれにいい汗を掻き楽しく活動ができた。
参加者は大変御苦労さまでした。

作業終了後当会が持参した、飲み物、子供用お菓子を配布して和気あいあいの作業日だった。

清掃終了後、地元役員と懇談会を開いて戴き、城山山野草植栽計画を説明し、地元の協力と、場所定等を話合いました。地元は 部落全体会議に掛けて協議をする事になりましたが、役員間では良い事なので是非ともやってほしいとの意見が大半の意見で、迷惑だと言う人はいませんでた。

私たちも、相手に押し付けじゃなく、地域の人、誰もが自主的に取り組む姿勢を期待するわけです。

懇談会も和やかな内に閉幕となり昼食後、城山湯歩道に、去年植えた雪割り草が、実際に花が付いてるか確認したく昇りました。山の上はまだ寒く 咲きはじめたばかりでこれからの開花に期待が膨らみます。神社脇に植えた物は開花が終盤を迎えていました。この植栽の計画は植栽事業ではなく、村おこしを目的にして、植栽を通して部落の活性化と、連帯感を持ってもらう事が大事であると考えます。
登山道の雪割花

ヒコ谷植林地の現状
登山を終えて、ヒコ谷によって来ました。ヒコ谷はまだ雪に覆われていました。(厚み30cmくらい)
平沢さんの桜の木が一本倒れていました、起こせばなんとかなるでしょう。ナラの樹が10本くらい折れているようで、裂けているようでもあり、結構無残でした。やはり添え木をしないと死滅する可能性があると危機感を持って見て来ました。

くま親爺