2011年 環境フェア

10月2日(日)

田島氏を中心に準備をして来た環境フェアが10月2日(日)に開催された。

寒くて人出が少なかった

展示の岩魚・ヤマメの調達は清田氏、写真などの編集・プリントは富部氏、道具の運搬・設置は田島氏が担当、準備は万全でこに日を向かえる事が出来ました。今年一番の冷え込みの寒い朝、篠田市長の挨拶で2011年新潟市環境フェアがの始まりです。小学生の万代太鼓や秋花の苗の無料配布、ネギッ子のライブなど、そして沢山の環境団体・環境企業のブース、などに多くの家族連れや子供たちで賑わいました。
小学生の万代太鼓

我が渓流フォーラムの展示した岩魚・山女などにも人が集まり、子供のころ父と一緒に釣りをした(50代女性)とか、初めて岩魚・山女を見て山奥の小さな川にこんなきれいな魚が生息しているなんて(20代女性)と盛況でした。
初めて見た岩魚
岩魚とヤマメ
生き物は人を引きつけます
説明するスタッフ

我々はブースに立ち寄ってくれた皆さんに、渓流域の今置かれている現状と残さなければ成らない自然をアピールし共感を得る事が出来ました。また、自然保護活動に夢と自信を持つ事が出来た楽しい一日でした。

くま親爺