森町・荒沢小学校 渓流教室

三条市しただの小学校の事業で「しただの達人」という授業があり渓流釣の達人として私達に渓流釣を経験させて欲しいとの依頼があった。

7月13日(金)午前9時30分より11時30分の2時間、
下田駒出川の最も安全な場所で渓流教室を実施した。
先生達と2回ほど打合せをやり(1回は現地駒出川)本番に突入した。渓流域の定義や生物(魚や川虫)資料作りや当日の河川工事関係者へのお願い等面倒な部分あったが楽しく何事もなく授業は進んだ。
当日は天気は晴れに近い曇り、前日の雨で水量はチョット多め。杉山・原・富部の三名が3組(1組4名)を受け持ち実施した。最初の30分は3年・4年生皆んなで川虫取りに挑戦、釣は4年生のみ。時間が少なく渓流釣の事は教えられず、とりあえず餌を付けて竿を出させて釣を経験させる事にした。ハヤとチビヤマメはいる川なので、1組2~4匹が釣れ子供達は喜んでいた。しかし我々は仕掛けの修理と釣針替え、そして餌付けでず~っと下ばかり向いていて渓流釣を教えにいった気がしかった。
今度、この様なイベントを行う時はこの経験を生かした準備と行動でより良い渓流釣教室を行いたいと思っている。

先生からの注意

川虫の説明

川虫取り

川虫取り2

チョー気持ちイイ

釣れたぜ

釣れたよ

つれたよヤマメ

ヤマメってきれい

今日一番の大物はヤマメでした

あっという間のひととき 楽しく無事終了