里山研修

24年12月8日(土)

五十嵐管理値の枯れ松伐採~里山研修

朝から風が強く雨迄ふってきた。五十嵐管理地の枯松の伐採はできそうもない!。

9時頃までに伐採現場に小林義・清田・今井・杉山・富部の5名は集合していたが伐採は危険なので来年の春に延期した。

午後からの里山研修の予定を午前から始めてほしいと講師の藤田氏に電話、OKをもらい旧巻町福井の現場にむかった。現場は巻じょんのび館のすぐ近くで整備、里山再事業にはちようど良い広さの現場だった。

藤田氏のガイド

新間伐の方法

林床育成ゾーン

春植物ゾーン

実生育成地

山野草育成ゾーン

モニタリングゾーン

ビオトープ池

バタフライ食草育成地

完成まじかのあずまや

強風と小雨の中藤田氏のガイドで里山再生事業の見学した。一帯に覆い被さる竹の伐採から始まり枯れ木の撤去、整理された里山に日の光が差し込み、眠りから覚め活動しはじめた植物など、など、チョッピリではあるが里山再生の理念とそこに育つ植物の事ど、知識として自分の頭になんとか叩き込んだ。

くま親爺